電気自動車の走行用蓄電池について

電気自動車の場合、補機(電装品)用の蓄電池の他に、走行用の蓄電池を搭載しています。補機用としては、ガソリンエンジンなど内燃機関を搭載する自動車と同様、鉛型となりますが、走行用は、鉛型の他にリチウムイオン型も好んで使用されます。リチウムイオン型は、鉛型と比べ小型軽量で容量が大きく、電気自動車の一充電航続距離のアップに大きく貢献します。反面、価格的には高価になりますが、前述のメリットが大きい為、軽自動車以上の電気自動車は殆どがこのタイプを搭載しています。一方、鉛型は大型で重く、容量や寿命の点でリチウムイオン型に劣りますが、価格が安く供給が容易であるという捨て難いメリットがあります。その為、さほど航続距離を要求されず、低価格である事が優先されるミニカー規格の電気自動車に、採用されるケースが目立ちます。

電動スクーターの蓄電池について

電動スクーターの走行用蓄電池は、初期のものは鉛型蓄電池を採用するケースが多く見られました。しかし、鉛型は価格が低廉である反面、どうしても大きく重くなる為、軽量である事が望まれる二輪車用途としては、不向きな面がありました。その為、最近の車種は、より小型で軽量なリチウムイオン型蓄電池の採用が増えています。リチウムイオン型は、鉛型と比べ高価になりますが、元々スクーターは近距離用である為航続距離はさほど要求されず、小容量の物で済みます。それ故に、コストアップは深刻なまでの水準にはならず、小型軽量で寿命が長いというメリットの方が上回ります。又、小型軽量である事は、車体から取り外して、室内で充電出来るメリットにも繋がります。実際に多くの車種が取り外し式になっており、外構部に電源を確保出来ない集合住宅の住民にも、恩恵を与えています。

蓄電池は小型化されています。

蓄電池は生活の一部になる装置です。なので商品はコンパクトであったほうが場所の確保も簡単だといえます。自分の家で電気が蓄えられるシステムです。消費者は寝ているときに貯めていくそうです。日常のサイクルを利用して効率よく自分たちの生活に役立たせています。無料で行えますので気軽にできる仕組みです。どれだけの量を蓄えられるのでしょうか。その点が気になります。おそらくバルコニーなどに設置するものだと思われます。音が出ないようにしましょう。集合住宅に住まわれているかたはそのようなことを意識してください。生活の利便性のことを考えるととても幅広いシーンで使われるようになるかもしれません。たくさん使ってもまた蓄えれば輝きを放つものです。自然環境をうまく活用したものだと思われます。住まいと一体化させるようにしましょう。